2018年日本平動物園(けものフレンズコラボ)

 

※写真てんこ盛り注意

2018年夏休み実家帰省のメインイベント、日本平動物園訪問。
昨年にも行ったけど、まさかまさか、けものフレンズコラボが実現するとは。
まあ、そうじゃなくてもまた来ただろうけどと思いつつも、東静岡駅からシャトルバスで聖地日本平へ。

フラミンゴゲート@日本平動物園

けもフレのぼり@日本平動物園 
フ ラ ミンゴゲートでバスを降り、去年はなかったフレンズのぼりに『ああホントにコラボしてるんだなあ』と感慨を覚える。

例の車@日本平動物園

入場するといきなり例の車が。ほぼ説明なしでデーンと。
けもフレ知らない人的にはどう思うんだろうなどと考えつつ、とりあえず受付でスタンプラリー用紙(100円)を受け取り、どうぶつ巡りへGO!

動き回るレッサーパンダ@日本平動物園

日本平動物園と言えば、まずはレッサーパンダ。
去年はこの体たらくだったのに、今回は大変活発に動き回り、写真に撮るのさえ難しい。

飼育員さんの長靴を噛むレッサーパンダ@日本平動物園

挙げ句、解説中の飼育員さんの長靴をガブガブする始末。 超アグレッシブ。

フルルパネル@日本平動物園

そしてペンギン舎前。お約束のふるる~。
こちらも前回と打って変わってみなさん活発に泳ぎ回っていた。

フンボルトペンギンのサツキさん@日本平動物園

フンボルトペンギン~。(しかいないけど)

ペンギンの見分け方@日本平動物園
前回は気づかなかった(というか、目に入ってなかったのか)個体認識看板によると、右に白緑の 翼帯なので、おそらくサツキさん。

毛繕いペンギン@日本平動物園

こちらは別のペンギンさん。胸の辺りを一心に羽繕いしてると思ったら、

我に返ったペンギン@日本平動物園

いきなり我に返って、

伸びをするペンギン@日本平動物園

のびー。 かわいい。

キリンさんパネルとゾウさんパネル@日本平動物園

今も昔も動物園ツートップ、ゾウさんとキリンさんパネルツーショット。

アジアゾウのダンボさん♀とシャンティさん♀@日本平動物園

アジアゾウのダンボさん♀とシャンティさん♀。お達者そうでなにより。
さすがにご高齢なので、次世代の象さんに来ていただく算段も整え中だとか。

キリンのサクラさん♀@日本平動物園

そし てサクラさん♀。
最近、相方のリオさん♂が亡くなってしまったそうで、残念なことです。

キリンアップ@日本平動物園

裏手の柵越しにうんと近づいてきてくれる。
日本平動物園はこういう高低差を活かした展示が多い。 その代わり上下に容赦なく歩かされるけど。

それにしても、今回は本当に動物が活発で、観ていて楽しい。
天気が怪しくて涼しいせいだろうなあとか思ってたら、いきなりの豪雨に見舞われた。
逃げ込むように猛獣館299に入り、ネコ科のみなさんにご挨拶。

うろつくアムールトラ@日本平動物園

いちばん高いところをウロウロしているアムールトラさん。さすがの貫禄。
この辺りから個体名わからず。というか、複数いて展示は片方というパターンだと、表示を確認しないと「トラだ!」で終わってしまう。この辺りは次回の反省点。やっぱり「(動物名)の○○さん」とわかる方が楽しいし、愛着も増すし。

 うろつくジャガー@日本平動物園

ジャガーさんもほぼほぼ動き回っていて迫力満点。その代わり写真は撮りにくいですやんか。
そうかと思えば相変わらずぐてーっと寝てる方も。

ピューマをさがせ!@日本平動物園

クイズ:ピューマさんはどこにいるでしょう?

ピューマはここ@日本平動物園

正解はこちら。
寝心地良さそう。

もの言いたげなライオン♀@日本平動物園

ぺたっと座ってなにか言いたげなライオン♀さん。

イチャイチャしてるライオンカップル@日本平動物園

その横のブースには、仲睦まじそうなライオンカップルが。
群れっていろいろ大変そうだ。
そうこうしている間に晴れたのでまた外に。

オオリクイさまパネル@日本平動物園

大変凛々しいオオアリクイさまパネル発見。
オオアリクイは前回の威容が印象的だったので楽しみにしていたら、展示スペースがリニューアルされていてすごく観やすくてよかった。 やっぱりこの造形の意味不明っぷりはスゴい。

こっちに来るオオアリクイ@日本平動物園

オオアリクイ横から@日本平動物園

しかしオオアリクイさんもまたのっしのっしとアクティブに歩き回るのであった。写真が撮りにくい~。

曇天下でハッスルしていた面々とは裏腹に、あまり動いていなかったのがフライングメガドームの鳥類の皆さん。湿っていると翼が重いとか、そういうこともあるんだろうか。

抱卵中のホオジロカンムリヅル@日本平動物園

中でもホオジロカンムリヅルさんはずっとうずくまっていたのだけど 、

卵を気にするホオジロカンムリヅル@日本平動物園

なんと、 卵を抱いていた。
無事に孵化するといいよね、とほんわり思っていたら、

 

 

実は擬卵のホオジロカンムリヅル@日本平動物園

突き付けられる現実。まさかの擬卵。
フンボルトペンギンだけじゃないんだ……

ホオジロカンムリヅルパネルとカルガモパネル@日本平動物園

ホオジロカンムリヅルさんと子だくさんなカルガモさんが仲良くパネルで並んでいるのも、なんだかこう、複雑……

ショウジョウトキスタンプ台とインカアジサシパネル(ネイティブ)@日本平動物園

ドヤ顔のショウジョウトキと、クセがすごいインカアジサシパネル(非けもフレ)のコラボ。

 

ここらで遅い昼食@レストハウス。
時間を外した功名で混雑というほどでもない人入り。

レストハウス窓に貼ってあるフェネックのぼり@日本平動物園

窓際に陣取ると、ここにもけもフレコラボの影が。フェネック~。
が、コラボメニューのフェネックカレーなど当然売り切れており、豊富なその他メニューから前回はなかった(と思う)冷や汁とんかつをチョイス。

冷や汁とんかつ@日本平動物園

見つけた時は「冷や汁ととんかつ!? その組み合わせはアリなんだろうか?」と思ったけれど、食べてみての感想は「うん、言わんとしているところはわかった」。たしかに夏にはアリ、ビールでもイケた。

しろくまカレー(大人用)@日本平動物園

そして、しろくまカレー。(1年ぶり2度目)
いい意味でフツーに美味しいです。かわいいし。

腹ごしらえの後、ふれあい動物園ゾーンへ。
まずは妙に印象に残る手洗い用蛇口コレクション。

手洗い蛇口(カエル)@日本平動物園 

手洗い蛇口(カモ的な鳥)@日本平動物園 

手洗い蛇口(トリ的な鳥)@日本平動物園

手洗い蛇口(ミミズク)@日本平動物園

……好き。(この他にもあります)

そして、前回めっちゃフレンドリーだったヤギさんに再会。

フレンドリーなヤギさん@日本平動物園 

柵越しにフレンドリーなヤギさん@日本平動物園

相変わらずの食いつきっぷりで大満足。

ぐいぐい来るガチョウ@日本平動物園

今回ヤギさん以上にグイグイ来てたガチョウ。手を出すと容赦なく噛もうとするよ。ちなみにお仲間の皆さんはキャベツ(玉ごとフィード)に夢中。

駈け寄ってきてくれるダチョウのクランキーさん@日本平動物園

そしてやっぱっり駈け寄ってく来てくれるダチョウのクランキーさん。尊い。

ダチョウのフレンズパネルとダチョウのクランキーさん説明看板@日本平動物園

ダチョウのフレンズパネルと解説パネル。1羽分しかないってことは、やっぱり独り者なんだろうか。どこかからお嫁さんを……ってそう簡単にはいかないんだろうけど。

シロサイのサイコ♀さんとタロウ♂さん@日本平動物園

シロサイ、サイコ♀さんとタロウ♂さん。
ほぼ装甲車級の大迫力だけど、基本おっとりして見えるところに味がある。

マレーバクのフタバ♂さん@日本平動物園

そしてマレーバクのフタバ♂さん。この色分けっぷり。だって、塗り絵を渡されたって普通こうは塗らないし。お釈迦様が乗った鞍の跡説にも納得してしまう。
もう寝床に戻りたそうで、こっちに近づいてきて鼻をふんふん鳴らしたりしていた。かわいい。

写りたがりなワオキツネザル@日本平動物園

今回のフォトジェニック賞、ワオキツネザルさん。
前を通ったとたん、網にガシャン!飛びついてからの決めポーズ。もう絶対わかってやってるし。

無口なクチヒロカイマン@日本平動物園

もちろんクチヒロカイマンさんも相変わらずフォトジェニック。
大したカメラを使ってない&腕が悪いので、遠かったり動いたりのぺっとしてたりするとまともに写せないため、適度にでこぼこしていて動きがスローモーな爬虫類の方々には助けられます。

笑ってるっぽいワライカワセミ@日本平動物園

ワライカワセミさん。ちょうど笑ってる感じに撮れた。
ちなみに熱帯鳥類館は5分入っているだけで汗だくになります。

フレンズパネル5体@日本平動物園

最後に満を持して、前回巡り忘れた夜行性動物館へ。
豪華なフレンズパネルがお出迎え。フタユビナマケモノとミユビナマケモノは日本平動物園が初お目見えの新フレンズとのこと。

食事中のフタユビナマケモノ@日本平動物園

そしてこちらが実物のフタユビナマケモノさん。
器用にぶら下がったまま、ぶら下げられた葉物野菜をのんびり食べていた。そりゃキミ、怠け者呼ばわりされるわな。かわいいけど。

半分寝ているアムールヤマネコ@日本平動物園

アムールヤマネコさん。一見割とその辺にいそうなネコなんだけど、やっぱりどこか違う。
夜行性動物観は照明を落として昼夜逆転させてあるので、活発な生態が観察できる……はずなんだけど、寝てる時は寝てます。その辺は基本ネコだし。

電池切れのフェネック@日本平動物園

そしてフェネック。会いたかったよ~。
このお方がまあ活発でブースじゅうを不規則に走り回っており、一眼レフのカメラガチ勢さんたちも撮影に苦労する始末。かと思ったら電池が切れたみたいにくてっと横になったところをなんとか激写。
名前はマリンさんでいいんだろうか? 顔立ちが明らかに美形。

とまあ、そんなこんなで2度目も大満足。
総評としては、コラボはいい意味できっかけに過ぎないなあと。スタンプラリーも全部集めたし、方々にパネルがあるのも楽しかったけれど、やっぱり本物の動物そのものが不思議だったりカッコよかったりスゴすぎたりして、そっちに意識を持って行かれてしまう。けもフレに携わった方々的には「してやったり」だろうから、 けもフレは抜きにしても動物園訪問は続けていきたいなあと思った。プラネタリウムもそうだけど、子供の頃に楽しいと思ったものは、大人になってもやっぱり楽しいです、はい。

最後にお気に入りの一枚を。

ペンギンインザスカイ@日本平動物園

なんとなくニルヴァーナのジャケっぽく撮れたなあと。

ちなみに日本平動物園のけものフレンズコラボ、8/31までのはずが好評につき9/2(日)延長とのこと。コラボ目当てで行くなら今週末が最後のチャンスです。

twitter過去ログ
twilog

このブログ記事について

このページは、涼元悠一が2018年8月31日 23:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プラネタリウム版planetarian鑑賞@向日市天文館」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。